ヘルプマークは目に見える障害、目に見えない障害のある人などが災害時や日常生活の中で困ったとき、周りに理解や支援を求めるためのものです。

直接手を貸すだけが“ヘルプ“ではなく、知っている、理解する事もヘルプになります。
心構えがあると緊急時に「どうしたのかな・・・」の先につながることができます。

もしもヘルプマークの方が困っていたら自分の出来る事で手を貸して下さいませんか?